真左エ門 特選 剪定鋏

hasammi-1.jpg 

 

真左エ門 特選 剪定鋏とは

 『剪定鋏』はもともと親指くらいの太い枝を切るため『ブルーナー』の名称で明治の終

わり頃にヨーロッパから輸入された鋏でしたが、当時の日本人の体格には大きすぎるもの

でした。そこで日本人にも使いやすいようにと、柴田園芸刃物(株)の創業者・柴田真左エ門

が植木鋏の製造方法を基に形を改良して、新たに『剪定鋏』として販売を始めました。

 その当時の製造方法を刀匠・阿武隈川安郎氏が忠実に再現したのが本品です。材料の

製造からホウ酸処理による刀付、焼入、表面加工などすべて職人の勘と技による手作業で

日本刀の焼入に使用されている『松灰』を使っています。

 最後の仕上げは時計の歯車加工に用いられる手ヤスリで行われ、ザラザラして表面の

荒々しさ、握ったときのその無骨な感触と使用感など、まさに特選の名にふさわしい逸品

です。

Today's Schedule
2020.04.10 Friday